MENU

ゴキブリを駆除する

ゴキブリ

3つのタイプがある

ゴキブリ駆除には大きく3つのタイプがあります。それは撃退タイプ・空中散布タイプ・待ち伏せタイプで、それぞれに特徴が違っています。ここではその3つについて触れていきたいと思います。まず、撃退タイプで、これはゴキブリに遭遇したものをスプレーや物理的に撃退する者です。ただし、ゴキブリは人の目が届かないところに集まり繁殖します。そのため、ゴキブリ駆除という観念からすると無駄ではありませんが、あまり効果的でもありません。効果的なのが以下の2つとなります。まず空中散布は、建物を密室にして霧状にした薬剤を散布・充満させる方法です。これなら家屋や家電の裏に巣食うゴキブリにも届きゴキブリ駆除の大きく貢献します。安全性に疑問視される方も少なくありませんが、近年では人体への影響が少ない薬剤も開発されているので、安心して使えるようになっています。そして、待ち伏せタイプは、ゴキブリが通りそうなところにホウ酸団子などの毒あるいは粘着物質を仕込むものです。ゴキブリのテリトリーを減らしていくことができます。散布タイプは室内に人がいない時間を見計らう必要がありますが、待ち伏せタイプはその必要はありません。一方、待ち伏せタイプは仕込んだ場所を通らないゴキブリにはあまり効果がありません。散布タイプは短期間に広範囲を、待ち伏せタイプは長期間を狭い範囲をターゲットにしているわけです。そのため、双方を組み合わせて使うのがゴキブリ駆除には良いとされています。